« レストランでの出来事(昔話) | トップページ | 自分の苦手を考察する »

2016/08/17

そろそろ

住み替えを検討する時期を迎えている。
実家の処分に取り組むのは来年以降となるので、それと並行して次の手を摸索しよう。

いまの住まいは、自分が管理組合の理事長やった年に「社会人としていろいろなことを学ばせてもらった」という感謝と、さらに「せめて実績として喜んでもらいたい(何よりも自分のためにと)」という思いから、ペットマンションとしての規約改正に1年弱でこぎつけて総会で決をとった! という実績を感じさせてくれる場所である。

だが、経年と昨今の住民事情というか。
もともと「何はなくとも経費削減」というような、自分の会社でやってくださればよいような、いろんな欲求不満解消のはけ口としてマンション管理の役員をつとめてくださるひとがチラホラと存在した。

バブル末期の頃に建てられたマンションゆえ、という住人の入れ替わりも激しい。

管理会社への値引き交渉や相見積もりの依頼は、やらぬよりはやったほうがよい。それはわかっている。けれども、細かいところ(修繕や植栽)で知りあいの業者へのあっせんとか、いろんな不正はおそらくゆるゆるになりがち。それだってしかたがない。でも、今年はいよいよ、管理委託の内容に大きくメスを入れ、人件費(清掃職員を解雇して、そのぶんの仕事をすべて管理員にやらせる。もちろんいままで毎日やってもらっていた掃除やゴミ出しが週に1回レベルに減らされる)の削減をターゲットにして、管理契約をあらたに締結することになった、とのこと。

ひえ-。
ただでさえ、ダストルームのゴミはだらしないことになりがちだとういうのに!

※実はついさっき、ゴミを出してきてあまりのダラしない捨て方にギョッとして、せめてもということで、ビン缶ペットボトルの分別だけは自前のゴム手袋をはめて、つらつらと分け直してきたところ。いやまあ、それだけやって、ほんの5分とか10分しかかからなかったけど、ホントはペットボトルやビンの置き場に、中身を入れたままモノを放りこんだせいで汚れた床を磨いて終わりにしたかった……。次に機会があればそれもやろう。

マンションって、住んでる人たちの意識次第でどうにでも雰囲気がかわる。
うちのマンションは、今回の予算削減に一役買ってくれたのと同じメンバーが委員会メンバーをつとめた年に実施された大規模修繕で、経費をねぎりまくって見つけてきた業者さんがイマイチで、壁にせよ通路にせよ、クリーニングしたわりにはすっきりしないで、なんだこれは!とひそかに思っていた、という前科がありましてな。

建てられてから初期の頃に住んでいた人たちで、人生やキャリアのステップアップをした人たちはどんどんと引っ越していき、半分くらいはもう入れ代わったんじゃないかな。とくに、私が組合理事長を一回目にやらされたとき、それ以前に役員をやった人たちはほぼ壊滅状態。有名な漫画家さんとか、大手出版社勤務のひともいたようだけれど、その3年後にはみんないなくなっていた。

よっぽど管理組合の仕事に懲りたんじゃなかろうか。
そう思わされるくらいの払底ぶり。

いやまあ、私も余力があるうちに次に行こう。
総会の議決書を読みながら、そう心に決めました。
よっしゃ!

|

« レストランでの出来事(昔話) | トップページ | 自分の苦手を考察する »

マンション管理組合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33613/64072687

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ:

« レストランでの出来事(昔話) | トップページ | 自分の苦手を考察する »