« 電話が苦手になったきっかけ(前エントリーの続き) | トップページ | 無条件にご縁を楽しむ »

2016/11/07

コチシュ

SNSで訃報を知る。→●

享年64歳!
現役の、しかもハンガリー系のピアニスト。
ヴァイオリニストもそうだが、音の肌理というか、触れれば血が出そうな、生々しさが感じられる、というのが私にとってのハンガリーの名手たちのイメージ。

ハンガリーの3羽ガラスと呼ばれた(もしかすると日本だけでの固有の呼び名だったのかもしれぬが)人たちのうち、若い頃は「理屈っぽさ」とは適度な距離のある印象だったラーンキがわりあいと好きだった。正直なところ、すでに売り出し中で招聘や主催者たちの好みや要望の洗礼を受けつつあるピアニストだったラーンキより、コンクールを受けにきたときのイシュトヴァン・セーケイの演奏のほうがさらに好きだった。が、中庸をゆく(というイメージを選びとることでのメリットを享受していた)アンドラーシュ・シフが、いつのまにか日本ではやたら巨匠あつかいされるようになり、そのくせ、態度だけはデカいという印象の演奏(中身のわりにえらそう、ってことね)のくせに、予想をはみ出すようなオーガニックな驚きが皆無のシフの演奏は、私はどうもノーサンキューでしてね。

対象的に、コチシュの知的でありながら豪腕というか。
シフがひっくり返ってもできないような、多方面からの音楽人生。ま、それだってあくまで私的なイメージですがね。コチシュの演奏が気になるようになり、いつしか大好きになってきた。

イヴァン・フィッシャーひきいるブダペスト祝祭管をナマで聴きたい。
そう思うようになったのと前後して、コチシュのナマもぜひ聴きたい。追いかけたい。これからの人生の私の楽しみのひとつ。

と意識するようになっておりました。
64歳って、早いと思う。
けど、早いと思われる時期に天国に召される。そういう人ならではの人生であり、音楽家としての歩みだったのだと思います。

どうぞ安らかに眠ってください。
下界の音楽エネルギーの今後も見守っていてくださいね。

|

« 電話が苦手になったきっかけ(前エントリーの続き) | トップページ | 無条件にご縁を楽しむ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33613/64456255

この記事へのトラックバック一覧です: コチシュ:

« 電話が苦手になったきっかけ(前エントリーの続き) | トップページ | 無条件にご縁を楽しむ »