« 無条件にご縁を楽しむ | トップページ | 買い物メモ@Amazon »

2017/03/05

自分の勘を鈍らせるな

これは書いておかねば、という。ごく私的なメモでもあります。わざわざブログに書いておかずとも、たぶん来週には「そんなことがあった」ということさえも忘れてしまうかもしれない。でもでもでも……とかね。

通訳仕事(レッスン通訳)がご縁で知りあったピアニスト。女性で、蓋を開けてみたら共通の知りあいがけっこういて、しかもパリのガッコに私とほぼ同じ時期に在籍していたらしく、そのうえ、すごく前向きでエネルギッシュな性格。何より、教え方が上手い。わたし自身が師事した先生方のように「超絶・教えることに命をかけているからこその伯楽」というタイプではなく、あくまで女性教授ならではの、きめこまかく、なおかつダイナミックに弟子の尻を叩ける。この路線にのっかってピアノを弾けば、まじめな学生ということで嫌われないだろうという、枠とレールの設定がキツい。

誰かが言っていたっけ。
ジェルメーヌ・ムニエの後継者って。うん、ちょっとそんな感じ。
言われた本人はイヤがるかもしれないけどね。

で、その彼女とSNSでつながっているものだから、年度末ともなれば、クラスの子らの演奏映像がよくアップされている。こっちの先入観があるのかも……と思いつつ、日本人の子たちの演奏がね。あちこちの音大でもレッスン通訳よくお呼びがかかる私の目からして、これはいったい、という。シャープさがね。決定的にどうも、というか。

いまヨーロッパに留学する子たちのレベルってこんなもん?
私らの時代よりさがった、なんてことはありえないと思う。けど、あれだけちゃんと教えられるはずの師匠についていながらそれって……うーむ。

いずれにせよ、私の目が曇っていたということもあろう。
「いまどきのピアニスト志望」の学生は、昔も今も、絶対に越えるべきラインを越えていける子はごくごく少数ってことかもしれない。そして、友人としてメッセージのやりとりもボチボチ継続しているピアノ教授な女性。とてもすてきで、起業家精神も旺盛にして、私にいろんな人を紹介して仕事をさせようという試みもパワフル!

そのやりとりが始まってすぐにこっちは息切れして、そーっと距離を置いたんだけどさ。その理由は単に「こちらサイドの怠惰ゆえ」ということであって、それ以上でもそれ以下でもない。いまだって、そこに何かをつけ加えようとは思わない。

とはいえ、あの子らの映像を見て「やっぱりねー」と。
納得したことでした。私の無意識って、ヤバそうな匂いとか、切れ味が鈍くて「馬車馬のごとく」走らされそうな気配とか、そのくせ楽しくなさそうかも……という気配を察知する力が最強ってことだ。

うん、そういうことにしよう。
以上、おしまい。

|

« 無条件にご縁を楽しむ | トップページ | 買い物メモ@Amazon »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33613/64974737

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の勘を鈍らせるな:

« 無条件にご縁を楽しむ | トップページ | 買い物メモ@Amazon »