« ギアチェンジ | トップページ | クラシックカフェ »

2017/09/16

朝のFMでクラシックを聴く

習慣というほどでもないな。かなりゆるゆる。
タイマーでラジオがついても、散歩に出て不在ということもあれば、夜更かしして意識がない(=熟睡・朝寝坊)ということもあるわけです。

月曜日の「きらクラ」は、おもしろいけど情報とか発想の偏りが鬱陶しくて、つけても消しちゃうこともあり、土曜日も番組は違うけど同じくつけても消しちゃうことアリ。日曜日の現代音楽も然り←これは逆にボリュームを上げて真剣に聴いちゃう日もあるんだけど。

で、聞こえるか聞こえないかの、窓を開けていると我が家は街道沿いなので、外の音でラジオの音はすぐ横にいても切れ切れにしか意識に届かないこともある。演奏音源を流すとき、曲が何かに気づいて「あら」と思っても、演奏者名のアナウンスはたいてい聞こえません。

そこがかえっておもしろい。
アルゲリッチも、友達とよくそういう遊びをするそうですが。
ってか、ベロフさんと銀座のアップルストアに遊びにいくと、いっときピアノの演奏音源をググっては、音を消して「このひとは何を弾いているか」とか、当てっこしたもんな。わたしも(笑)。中村紘子さんのカレーのCMは、さがしてもなかなか出てこなかったりで、代わりに出てきた演奏映像で好き勝手コメントつけたりするのもやりました。はい懺悔。

そして最近。
ベートーヴェンのソナタとか流れてきて、わりと突っ張ってるあんちゃんっぽい感じがするなとか。でもこのセンス、この音、キライじゃないぞとか。アンスネスとかアンデルジェフスキとかだったら多いに見直してやってもいいな(ナニサマ)とか。そう思ってきいてたら、意外とアラウでしたとか。ゼルキンでしたとか。

ぎゃー。じぶんの耳と心が今様にというか、寛容になったかもしれないって、期待してたらソレかよ。つか、アラウって、こんなに若々しかったっけ。いや、じぶんが歳とったってことかなあ。

ってことで、てへへ、と笑う。

また別のあるときは、ショパンのポロネーズが流れてきて。
ラジオのボリュームがそのときはかなりしぼってあって、音の表情とかツヤとか、きちっと骨組とか解釈は聞こえてこない。もしくは、録音がイマイチなのか。

でもまあ、きちんと聞くと上手い・かも。
だが、ちゃらい! ちゃらいぞ。
こういう演奏は、どこの誰がやるんだろう。
録音技術のセンスがばつぐんであれば、そして私がじぶんの知らぬ間に心を入れ替えていたら(?)、万が一にも日本人の女性ピアニスト……いやいやいや。ありえんでしょ。そこまで私はじぶん(の過去)を否定するのか。

ほんの十秒ほどで、心のなかで恐ろしいほどの葛藤がありました。

だって、ちゃらいよ。
これを、ちゃらい、と言ってしまっていいのかも自信ないけど。

固まっていたら、たまたま横にいた相方が、気をきかせて自分のパソコンで番組表を調べてくれた。

ショパンのポロネーズ?
サンサンサン?
へんな名前。

いやん。
サンソン?
フランソワ?

ちゃらいってさー。
わたしってばよー。
その場でしゃがんで頭を抱えこみたくなりました。。。

いやまあ、まちがっちゃいないんだけどさあ。
録音が……って、フランスEMIだろうね。
60年代だよね。
私の胎教……おかーさんのお腹でさんざん聞いたはずの音源だ。

ちゃらいんだ。
人生、出直してまいります。

ラジオさん。
すごいタイミングだよ。ありがとう(かな?)。

|

« ギアチェンジ | トップページ | クラシックカフェ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33613/65796549

この記事へのトラックバック一覧です: 朝のFMでクラシックを聴く:

« ギアチェンジ | トップページ | クラシックカフェ »