« ピアノの音 | トップページ | ヤバいくらいに »

2017/12/03

ドレンスキーのレッスンを受けた話

いまから20年……いや、それよりわかりやすく、ワタシが27歳だったとき。なんで憶えているかというと、そのときドレンスキーが「あなたはお幾つか」と、ダイレクトに訊いてきたから。

もう少し若いと思われたのかもしれないし、それでもワタシが「やーでも、まだ年齢制限オッケーですから、チャイコフスキーコンクールとか出てみたいんですけどー」と、重ねてアプローチすれば何かが起きたのかもしれん(笑)。が、そういうあれこれは、この記事の本題ではないのでいまんとこ保留。

セルゲイ・ドレンスキー教授。モスクワ音楽院の有名(だったなあ)ピアノ教授。あと十年早く出会っていれば、もしかするとフランスではなくロシアに留学したい!とか思ったかなあ。うーむー。あのときのレッスン内容は興味深くはあったけれど、インパクトが強いことを教えてくれた、という以外に、数か月とか数年単位でこのひとに習いたい、という惹かれ方はなかった気がする。83年のロンティボーでスタニスラフ・ブーニンという、自分とほぼ同世代のピアニストの演奏を聞いて夢中になった、という前提にフォーカスすれば、タイミング次第ということだったのかもしれないけど、あれだけ(ブーニンも含めて)自分で育て上げたという弟子たち以上に、有名になってからは優秀な才能が怒濤のようにドレンスキーのクラスや講習会に送りこまれた、という話を知るとね。

で、本題。
なんで縁もゆかりもないワタシがドレンスキーのレッスンを受けたか。
ピティナの社長から、ある日とつぜんお電話をいただいたからです。

ピティナの福田(靖子社長の時代)です、と名乗るなり、ねえあなた明日、うちでやるドレンスキー先生のレッスンを受けなさい。

ご興味ないかしら、でもない。
ドレンスキー先生ってご存じかしら、でもない。
最高のレッスンなのよ、という営業トークでさえもない。

ドレンスキーのレッスンを受けなさいな。
イッツオール!

どうしていきなりそんなお電話いただいたのかさえも、説明ナッシング!
三秒で答えていましたね。よろしくお願いします……

あとでいろいろ状況を推理しました。
巣鴨のあの事務所で、ドレンスキーのレッスンをすることになった。
レッスン受けたいという客(!)が定員不足で、コマ数がスカスカ。
担当職員さんは頑張ったんだと思う。でも、あちこち必死に声をかけても、五万円(とドレンスキーのレッスン料は当時いわれていた)払ってまで受けたいというひとがいなかったんだろうね。

社長が職員をしかりとばす。
しょうがないわね、わたしがどうにかするから、あなたはそこで見ていなさい。
受付のとなりのラックから、近々リサイタルをするという人たちのチラシをまとめて持ってきなさい。
はい、このひとの電話番号しらべて。電話するから。

そして少しまえの電話のやりとりに戻る、と。
レッスン謝礼はね、五万円よりはずっとお安かったですわ。
ただ、あそこのホールとピアノ使用料と、通訳料をカウントしたら、それなりに……五万円は超えなかったけどね。

ひとつ悔やんでいるとすれば、レッスンは英語だったのだけれど、通訳サン、わたしがレッスン受け慣れているとみるなり、ほとんど通訳してくれなかった。英語はわかんない!って3回くらい言ってお願いしたのに! 途中でわからない単語があったので「ごめんなさい、いまのは?」と声をかけたのに、ムシされた。もしかすると、ドレンスキーの英語がおかしかったから訳せなかったのかもしれない。それでもいいから、訳してほしかった。

あ、話がズレたね。
何がすごいって、女社長。
何かを紹介する、もしくは、売る。
ドスをきかせるというのかな。
余計なものは何もいらない。

まだまだだなあ、わたし。

|

« ピアノの音 | トップページ | ヤバいくらいに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33613/66117092

この記事へのトラックバック一覧です: ドレンスキーのレッスンを受けた話:

« ピアノの音 | トップページ | ヤバいくらいに »