« 連載スタート | トップページ | 驚きすぎて »

2018/07/19

連載第二回

音楽ことばトリビア~フランス語編

連載の第二回、公開しています。
今回、14日の朝に(たしか)入稿して、タイムリーな話題ですよと担当編集氏にメールで教えてもらったのはその日の夜。驚きましたね。Twitterで「レッスンで謝礼を封筒にいれるか問題」というのが勃発して、局所的にかなり炎上気味になっていた……というか、喧嘩腰の「そんなことをいまどきお客さま(生徒さん)に強要するなんて傲慢」みたいな反応が一部では燃えあがっているらしい、ということを、記事の公開直前の週末に知りましたよ。

Twitter初心者なんですけどね。
とくに初回の「世界杯ネタ」をTwitterで拾ったというのもあって、自分のアンテナの「予言性(かな?)」にあっけにとられたというか。

最近ほんとに多いんだけどね。
別にチャネリングとかそういうものとも違う。けど、自分の意識フォーカスが少しそういう「集合意識」のところに寄っていたのかもしれない。おっと、そういう話は表向きのブログでは書かないほうがいいのかしら、と思っております。ので、このへんにしておこう。

せっかくなので、記事に書いたこと、というよりは、書かなかったことの補足。

●フィリップのお父さんが尻ポケットの財布からお札を取り出したとき、おつりがないかもしれない、と言ったこと。たぶん、そういう場面でサービス精神旺盛を発揮してしまう「日本人の留学生」でしたからね。一緒に少しワタワタしたんだと思う。←そうでなければ、こんなに昔のことを鮮やかにも出せないもの。バルビゼと「おつりをどうするか」のやりとりが少し合ったところで、無事に他のポケットから小銭を発見して、ちょうどいい額面になったのだと思う。あるいは、いくら才能がありそうにせよ、自分は子供を教えるのはあんまり得意じゃない(かなり間接的な言い方だなあw)と追い返そうとしたバルビゼに、じゃあ次にまたくるときには端数までそろえて渡しますので……というやりとりがあったような気もしてきました。留学してほんの数週間とか数か月という時期だったので、本当にそこまでデリケートなやりとり(フランス語)が理解できたのかどうか、少しあやしい気もしますが、レッスン室のなかでのできごとに関しては、語学力を越えたところで、つねに90パーセント以上の理解ができていたという気もする。

●なぜこんなにあの場面が印象に残っているかというと、これはコラムに書けなかったけれど、あの親子が見るからにマルセイユの庶民的な家庭の、お父さんは特にブルーカラーのひとだという雰囲気が、日本のお教室感覚からすると「子供が初めてピアノの先生に会いに来るときの服装という感じじゃない」ということとあいまって、インパクトが大きかったから。フィリップも、エチュード的なものと、ベートーヴェンの派手(だけど子供によく与えられるような)めの曲とかを弾いたんだったかしら。ああ、さすがにそのへんは、十年くらい前にはまだ記憶していたんだけどね。放っておいてもピアノに向かってなんでも弾いちゃうという、ホンモノの才能なのか、集中力があるのを観て親や教師が「この子は才能があるのかも」と思いこんでスパルタでわけもわからず弾かせてしまう才能と、どっちなのか判別しがたかったというのは確か。

●自分の記憶や感じたことは、つねに書き残しておくか、ひとにしゃべるか、メールや手紙に書いてアウトプットしまくるか。いずれかをやっておくことが常日頃から「アンテナ磨き」のために大切だ、と思ったこと。

あとはね、FBにツラツラと書いたようなこと。音楽院の1900年のポストカードを見て、レッスン室はここだったなあ、と左側の上部の大窓を愛しく眺めたこととか。右側はダンス科で、マチュー・ガニオのドキュメンタリでわりと最近、彼がそこから入っていって「かつてのバレエマスター(教師)およびクラスの子どもたちと会う」という場面があったなあ、とか。

で、最後にガラッと話題をかえて、このブログのこと。アメブロに引っ越すことを検討はしたものの、アメーバやはりだめだわ。私が日常雑記として書いておきたい内容と、運営方針その他。まるでしっくりこない。ごめんん>アメブロ。なので、当座、あちらは匿名的に、思いついたことや降ってきたアイディアなどを、何も考えず「ただ書きとめる」ノートブック的な場所として残そうと思います。

いまこの瞬間も、だいぶ「脳内思考の垂れ流し」的になってしまっているのだけれど、そういうアウトプットもおそらく私には必要なんだと思う。なので、ここに戻ってくるというよりは、ココログなりどこか似たような使い勝手の別アカウントをつくって、心機一転の場所とするのとあわせて、何か書きたいことができたらここには書きに戻る、という感じになるのかなあ。

|

« 連載スタート | トップページ | 驚きすぎて »

進行中の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33613/66956810

この記事へのトラックバック一覧です: 連載第二回:

« 連載スタート | トップページ | 驚きすぎて »