2017/12/03

ドレンスキーのレッスンを受けた話

いまから20年……いや、それよりわかりやすく、ワタシが27歳だったとき。なんで憶えているかというと、そのときドレンスキーが「あなたはお幾つか」と、ダイレクトに訊いてきたから。

もう少し若いと思われたのかもしれないし、それでもワタシが「やーでも、まだ年齢制限オッケーですから、チャイコフスキーコンクールとか出てみたいんですけどー」と、重ねてアプローチすれば何かが起きたのかもしれん(笑)。が、そういうあれこれは、この記事の本題ではないのでいまんとこ保留。

セルゲイ・ドレンスキー教授。モスクワ音楽院の有名(だったなあ)ピアノ教授。あと十年早く出会っていれば、もしかするとフランスではなくロシアに留学したい!とか思ったかなあ。うーむー。あのときのレッスン内容は興味深くはあったけれど、インパクトが強いことを教えてくれた、という以外に、数か月とか数年単位でこのひとに習いたい、という惹かれ方はなかった気がする。83年のロンティボーでスタニスラフ・ブーニンという、自分とほぼ同世代のピアニストの演奏を聞いて夢中になった、という前提にフォーカスすれば、タイミング次第ということだったのかもしれないけど、あれだけ(ブーニンも含めて)自分で育て上げたという弟子たち以上に、有名になってからは優秀な才能が怒濤のようにドレンスキーのクラスや講習会に送りこまれた、という話を知るとね。

で、本題。
なんで縁もゆかりもないワタシがドレンスキーのレッスンを受けたか。
ピティナの社長から、ある日とつぜんお電話をいただいたからです。

ピティナの福田(靖子社長の時代)です、と名乗るなり、ねえあなた明日、うちでやるドレンスキー先生のレッスンを受けなさい。

ご興味ないかしら、でもない。
ドレンスキー先生ってご存じかしら、でもない。
最高のレッスンなのよ、という営業トークでさえもない。

ドレンスキーのレッスンを受けなさいな。
イッツオール!

どうしていきなりそんなお電話いただいたのかさえも、説明ナッシング!
三秒で答えていましたね。よろしくお願いします……

あとでいろいろ状況を推理しました。
巣鴨のあの事務所で、ドレンスキーのレッスンをすることになった。
レッスン受けたいという客(!)が定員不足で、コマ数がスカスカ。
担当職員さんは頑張ったんだと思う。でも、あちこち必死に声をかけても、五万円(とドレンスキーのレッスン料は当時いわれていた)払ってまで受けたいというひとがいなかったんだろうね。

社長が職員をしかりとばす。
しょうがないわね、わたしがどうにかするから、あなたはそこで見ていなさい。
受付のとなりのラックから、近々リサイタルをするという人たちのチラシをまとめて持ってきなさい。
はい、このひとの電話番号しらべて。電話するから。

そして少しまえの電話のやりとりに戻る、と。
レッスン謝礼はね、五万円よりはずっとお安かったですわ。
ただ、あそこのホールとピアノ使用料と、通訳料をカウントしたら、それなりに……五万円は超えなかったけどね。

ひとつ悔やんでいるとすれば、レッスンは英語だったのだけれど、通訳サン、わたしがレッスン受け慣れているとみるなり、ほとんど通訳してくれなかった。英語はわかんない!って3回くらい言ってお願いしたのに! 途中でわからない単語があったので「ごめんなさい、いまのは?」と声をかけたのに、ムシされた。もしかすると、ドレンスキーの英語がおかしかったから訳せなかったのかもしれない。それでもいいから、訳してほしかった。

あ、話がズレたね。
何がすごいって、女社長。
何かを紹介する、もしくは、売る。
ドスをきかせるというのかな。
余計なものは何もいらない。

まだまだだなあ、わたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/30

ピアノの音

ヘタに自信のあるひとだと「自分がブレる」ことへの不安をおぼえたりするようです。

私は、自意識過剰な傾向がありますし、自分がブレたり、何か変な隙(スコトーマ?)とか逆鱗をこさえて、その急所を一撃されることへの恐怖……ないわけでもありませんがね。でも、実際のところ、ブレかどうかは、自分がそう決めてるだけだもんなあ。

たとえば、このブログにいままでポロッと書いちまったことでいうと、ブレンデルの音が苦手だった。引退まぎわのブレンデルは、音楽のつくりが上手くなってイヤミが薄くなったせいか、そこまで「こんな音で主張するヤツがこの世のどこかで息していることさえもムカツク」ほどの嫌悪感はわかなくなった。グリモーとかは、同門で昔のことを知っていなければ、ここまで「どうでもいい」とか「へらへら」「空っぽ」とまでは糾弾しなかったかも。その程度。

ツィメルマンは、基本的に初期の頃は「ああ、きっとこいつ、イヤなヤツだ」と感じた上で、まあ、上手いってこういうことかもしれんし……と受容。シマノフスキの仮面とかさ。曲によっては、こういう「ちょっと鼻につくエゴ」がないと成立しないような、とっちらかった美しさをまとめる力にもなっていたと思う。イヤミな感じがね。それが、ショパンの協奏曲を自分が弾き振りして録音していたあたりになると、ともかくもう、そこまで「自分は賢い」と誇示しないとダメなん?って。ちょっとどころか、鼻につくところしか聞こえなくなった。もしかすると、最近はまた少しマシになったのかもだけど。

……こうしてみると、ひと(演奏家)が臆面もなくスタイルを変えたり、ブレたりすることに対して、わたしはけっこう寛容なのかもしれない(笑)。自動的に、自分についても、いろんなことが一貫してる。そう思って、まあ、ホッとする……いや、どうでもいいと思っているフシもあるなあ。

で、11月30日オンエアのNHKFMのクラシックカフェ(再放送)。
こんなことをFBのかたすみでつぶやいた。

~でもそういえば、今朝はラジオを聴いてて「たぶんヴィラロボス(いやまさかアルベニスにしては音楽言語がちょっとへん)だけど、まるでジョリヴェみたいに弾いておるピアノ」「音だけでどこのひとかわからぬ、中国人でないことは確かだけど、思想や感受性の反映がなんにもない気持ち悪さはいったいどこのピアニストだ」「学生時代にブレンデルの音が大嫌いだった自分の拒否感が再燃。嫌うほどのキャラもなし」と思ったピアノ、アムラン(マルクアンドレのほうね)だったよ。

はい、アムランの音は、これがジャズピアノと思いこんでさえもピンとこない。
録音だと音が無機質に聞こえるタイプなのかもしれないけどね。
ふむふむ。いやはや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/20

コンサートに行かなくなったわけ

わけなんかない。と思う。

最初はね、理屈抜きで「ああこれ行きたい」と思える演奏会が少なくなったなあって。
コンサートって、マラソンハイとか、読書ハイと同じで、きっかけ1つで楽しくなって「また次に行きたい」とスイッチが入って、リズムよく次の出会いを楽しめたら、あとはどんどんとイモヅル。

逆に、いったん火が消えてしまうと敷居が高くなっちゃうんだよね。
知りあいが誘ってくれても「いやその、知りあいだからこそ、演奏は遠慮申しあげた方が」という真理(心理)が働くってのもある。

もちろん、点ではなく線でのおつきあい。演奏家とはそういうものだ、ということも重々承知のすけ。私だって本来はそっちの畑にいたんだし……と思うとかえって意欲が薄れるってのもあるかもね。

特にピアノ。
ま、そういう時期もあらーな。

世の中にはクラシックピアノ以外にも、いくらでも刺激的で奥深い冒険の音楽はたくさんある。未知の世界というだけではなく、フレッシュなインパクトが欲しいと思うなら、いくらでも与えてもらえる。この「いくらでも」というのが、必ずしも妄想領域にいかずとも、楽しい出会いはいくらでもある。自分のありようを進化させていくきっかけは、自分でそうと決めさえすれば、いつでもどこでも、どこからでも抽出可能。

ってことで、新国での椿姫を観てきたいなあって思ったけど、案の定、腰があがらず。読響のメシアンのオペラもね、私は83年の初演をパリで観ていて、これは見に行く「べき」と思いはしたものの、どうもスイッチが入らない。

せめて、松竹系(かな)でやってるソフィア・コッポラの椿姫な映画でも観てこよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/09/19

クラシックカフェ

月曜日だったかな。
朝の再放送を聴いていて、最初の古楽がコレッリ?テレマン?イタリアバロックは確かだけどなあって、ヴァイオリンしかもバロックヴァイオリンのレパートリーについては万年シロウトな私はつぶやきながら、それでも聞き入ってしまってな。演奏は端正で、むちゃな主張はしない系統。と思ったら、寺神戸さんのコレッリでした。

そこから少し、あれこれ聴いて。
散歩に出てからまた聴いて。

なんか今日の曲目、どれもいい感じだなあ。
耳がホッとする。
(もちろん、窓を閉めて音質とかにこだわって聴くのとは別のレベル)

で、以下にそのときの曲目を番組サイトからコピペ。

「フォリア」 コレッリ作曲
(11分05秒)
(バロック・バイオリン)寺神戸亮
(バロック・チェロ)ルシア・スヴァルツ
(チェンバロ)シーベ・ヘンストラ
<日本コロムビア COCO-70459>

「ハープと弦楽のための舞曲「神聖な舞曲と世俗的な舞曲」」
ドビュッシー作曲
(9分44秒)
(ハープ)フレデリック・カンブルラン
(合奏)ジャン・フランソワ・パイヤール室内管弦楽団
(指揮)ジャン・フランソワ・パイヤール
<BMG BVCC-9366>

「バレエ音楽「ラ・ヴァルス」」 ラヴェル作曲
(11分58秒)
(管弦楽)パリ管弦楽団
(指揮)セミョーン・ビシュコフ
<PHILIPS PHCP-5182>

「歌劇「ファウスト」バレエ音楽」 グノー作曲
(17分45秒)
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)ヘルベルト・フォン・カラヤン
<DEUTSCHE GRAMMOPHON
POCG-9666>

「リュートのための古風な舞曲とアリア 第3組曲」
レスピーギ作曲
(17分56秒)
(演奏)イ・ムジチ合奏団
<PHILIPS UCCP-3062>

「ガランタ舞曲」 コダーイ作曲
(16分32秒)
(管弦楽)シカゴ交響楽団
(指揮)ネーメ・ヤルヴィ
<CHANDOS CHAN 8877>

「バレエ組曲「眠りの森の美女」から「序奏とリラの精」
「パノラマ」「ワルツ」」チャイコフスキー作曲
(11分50秒)
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)ジェームズ・レヴァイン
<DEUTSCHE GRAMMOPHON
POCG-9613>
*****************************************
散歩に出たのはドビュッシーの途中から、帰ってきてワンコの餌やりを済ませる頃にはレスピーギになっていたかな。こういう演奏をBGMぽく聴くのが嬉しい時期みたいね。

番組のナイス・セレクトに感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/16

朝のFMでクラシックを聴く

習慣というほどでもないな。かなりゆるゆる。
タイマーでラジオがついても、散歩に出て不在ということもあれば、夜更かしして意識がない(=熟睡・朝寝坊)ということもあるわけです。

月曜日の「きらクラ」は、おもしろいけど情報とか発想の偏りが鬱陶しくて、つけても消しちゃうこともあり、土曜日も番組は違うけど同じくつけても消しちゃうことアリ。日曜日の現代音楽も然り←これは逆にボリュームを上げて真剣に聴いちゃう日もあるんだけど。

で、聞こえるか聞こえないかの、窓を開けていると我が家は街道沿いなので、外の音でラジオの音はすぐ横にいても切れ切れにしか意識に届かないこともある。演奏音源を流すとき、曲が何かに気づいて「あら」と思っても、演奏者名のアナウンスはたいてい聞こえません。

そこがかえっておもしろい。
アルゲリッチも、友達とよくそういう遊びをするそうですが。
ってか、ベロフさんと銀座のアップルストアに遊びにいくと、いっときピアノの演奏音源をググっては、音を消して「このひとは何を弾いているか」とか、当てっこしたもんな。わたしも(笑)。中村紘子さんのカレーのCMは、さがしてもなかなか出てこなかったりで、代わりに出てきた演奏映像で好き勝手コメントつけたりするのもやりました。はい懺悔。

そして最近。
ベートーヴェンのソナタとか流れてきて、わりと突っ張ってるあんちゃんっぽい感じがするなとか。でもこのセンス、この音、キライじゃないぞとか。アンスネスとかアンデルジェフスキとかだったら多いに見直してやってもいいな(ナニサマ)とか。そう思ってきいてたら、意外とアラウでしたとか。ゼルキンでしたとか。

ぎゃー。じぶんの耳と心が今様にというか、寛容になったかもしれないって、期待してたらソレかよ。つか、アラウって、こんなに若々しかったっけ。いや、じぶんが歳とったってことかなあ。

ってことで、てへへ、と笑う。

また別のあるときは、ショパンのポロネーズが流れてきて。
ラジオのボリュームがそのときはかなりしぼってあって、音の表情とかツヤとか、きちっと骨組とか解釈は聞こえてこない。もしくは、録音がイマイチなのか。

でもまあ、きちんと聞くと上手い・かも。
だが、ちゃらい! ちゃらいぞ。
こういう演奏は、どこの誰がやるんだろう。
録音技術のセンスがばつぐんであれば、そして私がじぶんの知らぬ間に心を入れ替えていたら(?)、万が一にも日本人の女性ピアニスト……いやいやいや。ありえんでしょ。そこまで私はじぶん(の過去)を否定するのか。

ほんの十秒ほどで、心のなかで恐ろしいほどの葛藤がありました。

だって、ちゃらいよ。
これを、ちゃらい、と言ってしまっていいのかも自信ないけど。

固まっていたら、たまたま横にいた相方が、気をきかせて自分のパソコンで番組表を調べてくれた。

ショパンのポロネーズ?
サンサンサン?
へんな名前。

いやん。
サンソン?
フランソワ?

ちゃらいってさー。
わたしってばよー。
その場でしゃがんで頭を抱えこみたくなりました。。。

いやまあ、まちがっちゃいないんだけどさあ。
録音が……って、フランスEMIだろうね。
60年代だよね。
私の胎教……おかーさんのお腹でさんざん聞いたはずの音源だ。

ちゃらいんだ。
人生、出直してまいります。

ラジオさん。
すごいタイミングだよ。ありがとう(かな?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/01

ヴィオラスペース

二晩つづけて行ってきました。
場所は上野の石橋メモリアルホール。
久々というか、もしかすると自分がピアノを弾いていた頃にどなたか(金田真理子さんがホルンと共演した演奏会、というイメージが)に会いたくて足を運んだ記憶がポッと出ました。もしかするとめちゃくちゃ昔?

めったに行かない場所なので、地図を見ながらゆっくりと上野駅から徒歩。
下町ふうのバーとか居酒屋、中華料理屋さんとか、民家の玄関先を眺めながら、このへんの空気わりと好きかも……と、散歩気分でおりまして。
この建物かなあ、と思ったところで確信がなく、そのまま横断歩道を渡ってもう少しさきまで行ってみようかと歩きだしたところで、ちょうど可愛らしいパピヨンを散歩させていたご婦人が「石橋メモリアルホールに行かれるんですか」とお声をかけてくれました。はい!

「ここですよ。入口わかりにくくて大変よね」と、後ろの建物を指差してくれた。あはは。こういうふうに、誰かに声をかけてもらったとか、変なお店が面白そうだったとか、そういう「場所の力」というのかな。すでに演奏会は始まっている。私も、テキトーな恪好で歩いていたはずですが、それでも石橋メモリアルでのイベントにいくひと、というハマり方ができていたのかな。


P6018473初めてのおまつり。どういう雰囲気なんだろうって。いざ蓋を開けてみたら、知りあいの顔もちらほら。ってか、タメスティの舞台挨拶の通訳さんは、何度かご一緒したことのある大島路子さんだったし。とはいえ、最初は、こっちがバルコニーの最前列というお席を手配してもらっていたので、大島さんだって気づかなかったわ。このところ、英語のプロ通訳というと、もう超絶技巧のリズム感で、麗しいながらもテキパキと言葉をたたみかける神さまレベルの先輩の姿しか見ることもなく、だから大島さんのまったりと「マシンガントークの話者のことばにこだわらず、必要なところだけつまんで、お歳を召した観客にもわかるようなレベルに落とし込む」通訳がかえって新鮮でした。それとは関係なく、タメスティが演目について説明した最後に「あ、今日は奏者の衣装もトリコロールカラーにしました」と付け足したコメントのインパクトが強すぎたってのも笑った。

で、曲目。最初のマラン・マレの主題によるガース・ノックスの曲、おもしろかった。とくにマレ好きなら堪えられない美味しさ。ただ、演奏会冒頭においてあると、聞き手というよりは弾き手のほうが「空気をあっためる」感じになっていたかな。ヴュータンのエレジーは、曲そのものというより、ピアニストを見ているのか見ていないのか微妙な感じで、それでも確信に満ちた構築で聴かせるタメスティの鉄柱めいた佇まいが印象的でした。

ストラヴィンスキーは渋めというか。
レフラーは、波多野睦美さんがともかく圧巻。表現が圧倒的だというだけではなく、舞台での立ち位置の決め方とか。響きの捉え方とぶつけ方とかがね、ひときわ冴えていました。石橋メモリアルって、良いホールなのはまちがいないけれど、音の伝わり方(インパクト)がキツすぎる面もあってね。とくに低音。弦や管楽器だと、イヤでも皆さん、本能的に調和を意識しながら音を放つけれど、ピアノみたいな楽器だとね。あれ、けっこう難しいホールだと思った。ふといま思い出したのが、某オケを振ったフランス人が、拙い英語でのリハで「ここのヴァイオリンの音がまるでコンクリートの壁のようにならないようにしてね」と言ったらコンマスを怒らせちゃって……という事件。コンクリートの壁になっちゃう奏者に向かって「コンクリートにならないようにしてね」と言ってもしょうがない、というかね。それよりは、ちょっと様子をみて、ダメなようなら壁打ちの壁にしてしまえ、というか。あのホールでのピアノは、少しスカスカになるくらいに音を抜かないと、すぐにコンクリートになってしまいそうで、でもそこのあたり、ソリストたちの対応もそれぞれ、というか。波多野さんはともかくみごとだったなあ。

フランクは今井信子さんがさすがの音づくりでいらっしゃいました。ピアノもあの一楽章はステキでした。
武満徹がそこで出てくると、ああ日本人だな、と。ムリせず「ただ弾くだけ」でさまになる。エネスクも、民族調がその流れでわりあいとのれる。ある程度の「型」があって、しかもそれが普遍的。最後のシュターミッツは、赤いドレスのソリストが、全身を音楽にしての表現、たのしかったね。

ヴィオラスペースのイベントページ

曲目、2日分を手打ちでいれようと思ったけれど、サボってページのリンクだけ。
2日目は、フィリップ・エルサンの曲とアキロン・カルテットを聴きたくて行ってきました。
全体についてあれこれ思ったことは、別エントリーでまた書こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/13

無条件にご縁を楽しむ

名演奏ライブラリー

ラジオをつけっぱなしにして散歩から戻って、ちょうどイゾルテの愛の死が始まった。奏者が誰だか知らずに、そしてわからないならわからないでもいいや、と、それでも何か気になって聞き始めるというパターン、最近多い。先日は、わりとどっちつかずの解釈なれど、そうそう、こういう手垢の付いてない感覚で弾くのもありだなあ、と感心したスカルラッティ。あとでいちおう調べてみたら、仙台で同じ送迎バスに乗り合わせてほんの少し雑談して、どういう演奏するのかも知らず、でも無条件にご縁を楽しむというか、応援したいと思った若手のルカ・ドゥバルグだったので、ちょっと嬉しくなったとかね。

追記:
このところ、演奏会出不精の輪にハマっております。先月、ベロフさんに会ったときも「最近は演奏会にあまり行ってないでしょ」と断定されちゃったもんね。うーん、ラロックで毎日二回ずつ演奏会に呼んでもらったけど、最終的にはトマ・オスピタルのオルガンに魂奪われて、いまさらピアノはもうダメかも……とまでは言わなかったけど、オルガン!と笑われた時点で、たぶんもう見透かされたね。

行けば行くほどヨクなる、の法則については、いまさら検証の必要も感じないしさ。仕事で会いに行くひととのご縁を楽しむ、というのは、演奏会に行く自分と必ずしも一致しない気もするのだ。

時間とエネルギーというだけではなく、もっと一期一会というか。そういう「流れ」をつくるためにイベントを吟味したり、予定を組んでチケットを買ったりして、わざわざ足を運んでいく。今年は、音楽ではなく勉強とか自己啓発とか資格系のそういう講座や勉強会・シンポジウム(交流会)やお教室にかよって、情報に振りまわされたり余計な人間関係やエネルギー観察に、あっというまにウンザリしたというか。ああ、書いていてわかった。私はちょっと怒っているのだ。自分のことは自分でどうにかしたいのに、人が集まる場所に、まるでヒツジの群れでも追うかのように、行かなきゃ損とか、自分が大切ならそっちへ行けとか、追いたてられて好きに扱われることに、私は怒っていたみたいね。

演奏会に行かない、というのも、その怒りの余波なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/07

コチシュ

SNSで訃報を知る。→●

享年64歳!
現役の、しかもハンガリー系のピアニスト。
ヴァイオリニストもそうだが、音の肌理というか、触れれば血が出そうな、生々しさが感じられる、というのが私にとってのハンガリーの名手たちのイメージ。

ハンガリーの3羽ガラスと呼ばれた(もしかすると日本だけでの固有の呼び名だったのかもしれぬが)人たちのうち、若い頃は「理屈っぽさ」とは適度な距離のある印象だったラーンキがわりあいと好きだった。正直なところ、すでに売り出し中で招聘や主催者たちの好みや要望の洗礼を受けつつあるピアニストだったラーンキより、コンクールを受けにきたときのイシュトヴァン・セーケイの演奏のほうがさらに好きだった。が、中庸をゆく(というイメージを選びとることでのメリットを享受していた)アンドラーシュ・シフが、いつのまにか日本ではやたら巨匠あつかいされるようになり、そのくせ、態度だけはデカいという印象の演奏(中身のわりにえらそう、ってことね)のくせに、予想をはみ出すようなオーガニックな驚きが皆無のシフの演奏は、私はどうもノーサンキューでしてね。

対象的に、コチシュの知的でありながら豪腕というか。
シフがひっくり返ってもできないような、多方面からの音楽人生。ま、それだってあくまで私的なイメージですがね。コチシュの演奏が気になるようになり、いつしか大好きになってきた。

イヴァン・フィッシャーひきいるブダペスト祝祭管をナマで聴きたい。
そう思うようになったのと前後して、コチシュのナマもぜひ聴きたい。追いかけたい。これからの人生の私の楽しみのひとつ。

と意識するようになっておりました。
64歳って、早いと思う。
けど、早いと思われる時期に天国に召される。そういう人ならではの人生であり、音楽家としての歩みだったのだと思います。

どうぞ安らかに眠ってください。
下界の音楽エネルギーの今後も見守っていてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/12

ピリス(ピレシュ)のショパン

ショパンのソナタ第三番

朝の目覚ましがわりにラジオのタイマー入力を使うようになって10年以上……ヘタすると20年か。最初の頃はJ-wave だったけど、なんだか飽きてきたのでNHKのAMにして、最近なんだかうちの機器(アンテナも?)が古くなってきて接触不良がひどくなってきたらしく、NHK-AMだと雑音がバシバシうるさいので、なんとなくNHKのFMにチェンジ。

意外と、NHK-FMでもまだクラシックを流してくれていることがわかって少しだけホッとしたり。

私もご多分に漏れず、曲自体は元プロとしてあるまじく「よく知らない」ほうなんですがそれでも! ラジオから聞こえてくる音源がなんの曲かとか、それがわからなければ奏者は誰でとか、推理して遊ぶのが大好きでね。

せめて二十歳くらいのときに、いまくらいの好奇心があれば、もう少し音楽やる人間として立派なレベルまで到達したかもしれないけど。ま、若くて体力まかせで、自分が何をどうすればどういう道が開けるのかとか、そういうイマジネーションを鍛錬する機会をほとんど与えられたことがなければ、あれでもよくやったという感じかね。

で、最近のことに話を戻すと。
リーディングというか、ジャンルとしては占いとかコーチングとかコンサルという範疇になるのかしらね。そういうものを受けてきて、ありがちですが、ふと気になって!ということに始まるタイミングが自分でもびっくりするくらいするするっとたぐりよせられてくるとき、自分にとってほんとに必要な物が必要な流れの中で得られるんだなあって。

お話してもらっているなかで、大事なポイントがいくつもいくつもあったんだけど。なかでも「どんなに否定しても、封印しても、あなたという人間のベースは音楽であり、いまのあなたを形成している要素の少なくとも三分の二はピアノである」ということをご指摘いただきました。これ、見てくださったかたがそう思うということではなく、私自身のココロがそう言っていて、それが痛いほどに強くきこえてくる……のだそうで。しかも、そう言ってもらったときに、いわゆるセラピーのたぐい(私はあんまり受けたことないけど)の本当に上質なセッションはそうなんだろうなって、あとから思ったけどさ。涙がボロボロとこぼれそうになってね。泣き崩れたくなるっていうのとも違ったけど。あれっていったいなんだったんだろう。泣けて泣けてしょうがなかった。そう言ってもらってココロが号泣した。

ま、そういう自分であることを受けいれましょう。
ってことだったのかな。

だから、今月(そしてたぶん今後しばらく)の課題が、ピアノと私。そういうことになりそうです。

そしてラジオに話を戻すと、あのセッション以来、ピアノの音がラジオから流れてきても、わりと淡々とした気持ちで聴けるようになった……気がする。いや、演奏にもよるんだろうけどさ。

ショパンについては、母のエネルギーが強すぎたってコトもありそうね。思い入れが強すぎて、これからも聴くたびに胸がうずくんだろうなあ。ふと、隣の部屋でつけっぱなしにしたラジオからショパンの三番のソナタが流れてきたとき、わりとかっちりと、草書体にとりつくろってはいるけれども、あんまり潤いがない演奏で、だけど好きでもないしキライと言い切るほどでもない。端正な音づくりは、ちょっと神経症的なところもあるけど、私が苦手とするツイメルマンでもなく、ドイツ系のひとでもなく、基本ができてないことがほとんどのポーランドの初々しい若者たちでもない。アルゲリッチにしてはへっぽこ。わりと女性的だけど、そういう傾向の強い男性奏者……いや、女性か、そうでなければ中堅の男性奏者か。好みのタイプではないとは言え、音の質感がそれなりに心地よいから、日本人ではありえない。

と思ったら、ピリスとな。
へえ。なるほどね。よいもの聴かせていただきました。自分じゃCD買わないだろうが(グラモフォンのセットで入ってることが多いけど、あのへんのセットはひととおり聴いたら処分することにしている)、きちんとした演奏は思ったよりも好印象。ナマで聴けばきっともっと素敵でしょう。

以上、推理ゲームたのしゅうござった。
どうぞよい一日を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/12

ミッション・インポッシブル~ローグ・ネーションを観てきた

水曜日はレディス・デイ。
映画の日(8月1日)に『バケモノの子』を観てきて、たいへん気に入ったので、久しぶりに映画ゴコロを刺激されました。まだ上映しているのなら、海街ダイアリーを見たいと思ったんだけどね。残念なことにもう終わっちゃっていたので、別のもの。映画そのもので決めるというより、近所の映画館でやっているもののなかから選ぼうってことで、選択肢がかぎられて、今日は『ミッション・インポッシブル』にしようかな。

じつは、前回『バケモノの子』を観たのも、ホントは『ひつじのショーン』を観るつもりで映画館まで行き、ネットでチェックした上映時刻を読み間違えていたことが判明。狙っていた上映回には間に合わず、次は夜だったのでその日はあきらめ、あれこれ迷って『バケモノの子』にしたという。私としては大当たりの映画だったから、よかったんだけど。

そして今回。
ハリウッド映画で、良キャスト、台本もカメラも演出も流れも良く。期待どおりの娯楽映画でした。

中国資本が主力として入って、最初の製作ロゴがチャイナフィルムなんとか(プロダクション)で、タイトルが流れていくところで中国漢字が目立っていたのに時代の流れを感じました。

私はドラマの『エイリアス』の頃からJJエイブラムスのプロダクションはできるだけ追っかけているというのもあって、バッドロボット!のアナウンスは出てくるだけでにんまり。エイリアスがミッション・インポッシブルに進化したものを眺めているというか。キャストの設定とか、役作りやイメージ(製作者の好みとか)から、エイリアスの名残というか、骨の部分が透けて見えると、それまたにんまり。或る意味、お金をゴージャスに使ってつくった同人誌を見ているような気分になる。わはは。

それと嬉しかったのは、音楽の使い方。
フィガロの序曲が流れた瞬間、ああやっぱりモーツァルトって天才だ!って思いましたよ。

そしてイーサン・ホークの助っ人役として登場するベンジー。彼がオペラマニアだという設定。ウィーンの歌劇場でのアクションシーンは笑った! あのおもしろさと、テナーだかバスだかの(調べてない)大ぶりなフルートの仕込み銃とか、舞台の裏を動かす機械の誤作動とか、あのトンデモなおかしさは、実際に舞台裏をよく知っている人だったら一粒で2度美味しい爆笑になると思う。ベートーヴェン(だったか。知ってる曲なのにタイトルをまちがえるのは学生時代からの得意技)の交響曲がチラッと聞こえたり、トゥーランドットの「誰も寝てはならぬ」のスコアが小道具として登場するのもね。

そしてプッチーニのこのアリアは、映画の途中で何度か「音型を流用」したライトモチーフとして使われ、最後でもとのメロディが効果的に登場。音楽担当の名前をチェックし忘れました。ジアッキーノではなかった(だったら気づく点)けど、なんとも洒落てましたね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧